自分でバイクを売る方法

バイクを売る方法にはいくつかあって、バイク買取業者に売る、オークションに出す、フリマに出す、友人や知人に売る方法があります。

バイク買取業者だと査定額が低いので高く売りたいというなら自分で売ることもできます。

【オークションに出す】

インターネットのオークションにバイクを出品する方法です。

オークションの場合、通常の買取相場価格よりも高値で売ることができるのでおすすめです。

しかし、出品するにあたり手数料が必要であったり、売却した後の手続きが複雑でトラブルもあるので初心者にはあまりおすすめできません。

【フリマに出す】

最近利用者が多いフリマアプリにバイクを売り出すことも可能です。

自分でバイクの値段を決め、出品します。

お金のやり取りはシステム化されているのでその点は安心です。

しかし出品する人、買う人それぞれに手数料がかかるので金額が大きいものはなかなか売れないケースが多いです。

【友人、知人に売る】

顔見知りにバイクを売る方法ですが、この場合だとお互いが納得した金額でやり取りできるので安心です。

しかし、友人だからというのをいいことに、支払いを何度も引き延ばしていつまでも払ってくれないとか、名義変更がうまくできていなかったなどのトラブルで関係が悪化する可能性があります。

いずれの方法も何かと面倒なことがあるので、一番良いのはバイク買取業者に買い取ってもらうのが手続きも簡単でおすすめです。

特に初心者には買取してもらうのが一番良いかもしれません。

事故車や動かないバイクを売るのは可能?

バイク買取業者にバイクを売る場合、直前まで乗っていたので良い状態で売れるのもあれば、しばらく乗っていなかったのでエンジンがかからない、また事故をして動かなくなったものもあります。

そのようなバイクは、売ることができるのでしょうか。

【事故車、故障車、不動車とは】

事故車というのは、交通事故をしたバイクのことを言います。

自損や物損、人身といった事故に関わったものは事故車になります。

故障車はバイクのトラブルが原因で動かなくなったものです。

元々は動いていたけれど、何らかのトラブルで動かなくなり、修理に費用が掛かるので乗るのを諦めたというものです。

不動車とは放置していて動かなくなってしまったものを言います。

【バイク買取業者に相談】

何らかの理由で動かなくなったバイクは、廃車にするしかないと思っていませんか。

廃車にすると処分費用などがかかりますが、買取業者に買い取ってもらうことができれば、処分費用などは必要なくなります。

もちろん、状態によっては買取不可能となることもありますが、まずは一度バイク買取業者に相談してみることをおすすめします。

査定は無料ですし、バイクのある場所まで来てくれます。

【なぜ買い取ってもらえるの?】

動かなくなったバイクなのになぜ買い取ってもらえるのでしょう。

軽微な故障であれば買取業者で修理して売ることができますし、自社で解体してパーツのみを販売することができるからです。

安く買い取って安く売ることができるので、業者にとっても良いことがあるのです。

バイクを高く売るコツ

バイクを手放すことになったら、バイク買取業者などに買い取ってもらうことを考えます。

自分のバイクを少しでも高く売るためのコツがあり、それを抑えておくと高額買取をしてもらえるかもしれません。

【バイク買取相場を把握しよう】

バイクを売るとなれば、まず自分のバイクはどれくらいの金額で売れるのかを確認しましょう。

なぜこれが重要かというと、バイク買取業者に提示された買取額が適正かどうかが判断できるからです。

オークションサイトでの落札相場、フリーマーケットでの売却履歴、バイクの買取価格を比較するサイトでの買取相場をチェックしてみましょう。

【売却時期を考えよう】

バイクも、売れる時期というのがあります。

寒い時期はバイクに乗る人も少ないので売れ行きも悪くなります。

そのため、冬にバイクを売ると買取価格は下がる傾向にあります。

バイクを買う人が増えるのは春と夏ですから、その直前くらいに売るのが良いでしょう。

【日頃のメンテナンスをきちんと】

バイク買取の際、査定を行いますが査定のマイナスになるのは車体のへこみや傷、バッテリー、エンジンの不調です。

こういったものは日ごろのメンテナンスをきちんと行っていれば防げますのでどうせ売ってしまうものだから、と放置しないでこまめに洗車したりメンテナンスをしておくと高評価を得られます。

バイクを売る時は、少しでも良い状態で査定してもらえるようにしておきましょう。

汚れやさびを落としておくとか、オイル交換を定期的にすると良いですよ。